The Sea is Watching (2002) / 海は見ていた

『海は見ていた』(うみはみていた、英題:The Sea is Watching)は、2002年7月27日に公開された日本映画作品。山本周五郎の複数の小説が原作で、監督は熊井啓。

 ・ amazon : The Sea is Watching (2002) / 海は見ていた

 ・ Youtube : The Sea is Watching (2002) / 海は見ていた

The Sea is Watching (2002) / 海は見ていたのあらすじ

江戸・深川の岡場所にある日、一人の若い侍(吉岡秀隆)が逃げ込んでくる。刃傷沙汰を起し追っ手に追われているという。自らの居室にかくまった娼婦のお新(遠野凪子)は、その後も何かとお新の元に通う侍に恋をするが、若侍はただ居心地がいいから通っていただけで恋心など毛頭ない事を知り打ちひしがれる。やがて、貧困ゆえに過酷な人生を歩んできた町人・良介(永瀬正敏)と再び恋に落ちるが、ある嵐の夜、置屋で度々問題を起していた客が娼婦の姉さん分である菊乃(清水美砂)をめぐって暴れだす。そこに居合わせた良介は人の良さから止めようとして問題を起した男と激しく揉み合い殺してしまう。誰の目にも非は問題の男にあることは明白であったが、役人の処罰は必至であり、既に将来を約束するお新と良介は一転、悲劇へと突き落とされてしまう。しかし、折からの豪雨が激しさを増し、海から溢れた水がついには岡場所全体を飲み込んでしまう。お新・菊乃・良介はそれぞれ避難するが、見渡す限り水没した町の景色は、まるで、過酷な人生を歩んできた二人を海が見守っていたかのごとく、事件の証拠を全て隠してしまうのであった。

関連記事

  1. North Headland (1976) / 北の岬

  2. Deep River (1993) / 深い河

  3. Ogin sama (1978) / お吟さま

  4. Rise, Fair Sun (1973) / 朝やけの詩

  5. Shikibu Monogatari (1990) / 式部物語

  6. To Love (1997) / 愛する

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。