Shikibu Monogatari (1990) / 式部物語

『式部物語』は、秋元松代によって書かれた戯曲「かさぶた式部考」を原作とした1990年10月6日公開の東宝配給の映画。監督は熊井啓。

宮崎県の法華嶽寺に伝わる、和泉式部にまつわる伝説から発想した現代劇。

 ・ amazon : Shikibu Monogatari (1990) / 式部物語

Shikibu Monogatari (1990) / 式部物語のあらすじ

豊市(奥田瑛二)は、事故により童心に帰ったままの男になってしまっていた。そんな豊市を母・伊佐(原田美枝子)と妻・てるえ(香川京子)は支えていたが、二人の仲には深い溝があった。ある日、豊市の住む村に和泉教会と名のる巡礼団が訪れる。そして、神秘的な魅力をたたえた尼僧・智修尼(岸惠子)に一瞬にして魅せられてしまう豊市。智修尼は、信仰心ゆえに薬師如来の救済を受けた、いにしえの和泉式部の第68代目を自称していた。伊佐は、てるえの反対を押し切り、救いを求め豊市と共に巡礼の旅に加わる決心をする。そして、やがて豊市と智修尼はひそかに愛し合うようになる。二人の仲を嫉妬した和泉教会の一員・夢之助(杉本哲太)は、豊市を折檻の末、谷底に落としてしまうが、その衝撃によって豊市は、正気を取り戻す。伊佐は喜び、この朗報をてるえに知らせるが、智修尼に真剣に求愛をした豊市は、彼女に冷たく拒絶されたことによって再び正気を失ってしまうのだった。てるえと共に本山に戻った伊佐は、豊市の姿に深く失望する。失意のなか、伊佐はてるえに豊市を連れて帰り、もう一度、家庭を築くよう諭す。そして伊佐は、本山に残る決心をするのだった。息子・豊市の不幸をその一身に引き受けようとする伊佐。その姿こそいにしえの和泉式部の姿だった。

関連記事

  1. To Love (1997) / 愛する

  2. The Sea is Watching (2002) / 海は見ていた

  3. Deep River (1993) / 深い河

  4. The Long Darkness (1972) / 忍ぶ川

  5. North Headland (1976) / 北の岬

  6. Ogin sama (1978) / お吟さま

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。